進化する麻酔の技術・包茎クリニックではどんな方法を行っている?

包茎治療で気になることの一つは、治療前に行われる麻酔です。
これは実際にどのような方法で行われているのでしょうか。
そして、どの程度の痛みを感じるものなのでしょうか。
こうした点を知りたいと思っている方のために、詳しく調べてみました。

 

 

 

ピンポイントに麻酔を施す局所麻酔

 

包茎クリニックで一般的に行われている麻酔の方法は、局所麻酔と呼ばれるものです。
これはどういうものかというと、文字通り局所的に麻酔を施して神経を麻痺させるというものです。

 

包茎手術の場合はメスを使う部分が極めて狭く、全身の神経を麻痺させる全身麻酔を行う必要はありません。
そのため通常の包茎手術では、この局所麻酔が行われています。
そして包茎クリニックで麻酔を行うというときには、この局所麻酔のことを指していると思ってください。
なお、麻酔を行えば治療中に痛みを感じることはありませんが、施すときには若干の痛みを感じます。

 

マスクを使った完全無痛麻酔もある

 

一般的な麻酔は局所麻酔だと言いましたが、状況によっては完全無痛麻酔が行われる場合もあります。
完全無痛麻酔とは、顔にマスクを当てて呼吸を行い、ガスを吸い込むことによって自然に麻酔を効かせるというものです。

 

患部に注射をする必要がないのが特徴で、少しでも痛みを感じたくない人のために行われます。
人によっては、治療中の痛みも嫌だけど麻酔を施すときの痛みも嫌だという人もいます。
完全無痛麻酔はそういう方にとってとてもメリットのある方法です。
ただし、局所麻酔に比べてコストが高いというデメリットも抱えています。

 

局所麻酔でも痛みを感じないですむ場合がある

 

最後にもう一度、局所麻酔について注釈を加えておきたいと思います。
それは、注射を行う局所麻酔であっても、無痛ですむ場合もあるということです。
どんな場合にそれが可能かというと、麻酔の知識と技量に秀でた熟練の医師が行う場合です。
こういう熟練の医師は多くの症例を経験して麻酔に精通しているため、患者に痛みを与えずに麻酔を施すことが可能です。
一方、経験が浅く技術が乏しい医師が行う場合は、痛みを感じる可能性が高くなります。
要するに、局所麻酔で痛みを感じるかどうかは、麻酔を施す医師の技量と経験次第ということになります。

 

包茎クリニックで行われる麻酔には、大きく分けて2つがあることが分かりました。
それは部分的に麻酔を施す局所麻酔と、痛みを感じずに麻酔を効かせることができる完全無痛麻酔です。